home
スポンサーリンク
2015-01-11

あなたはネットで正しい日本語使えてますか? Webメディアと正しい日本語表記の話

日本最初のWebサイトは、1992年9月30日に公開されたらしいです。私より数か月だけ、年下です。驚きです。

さて、パソコンやインターネットの普及によって、それ以前の時代とは打って変わって、みんなが文章をコンピューターで書く時代になりました。また、それをインターネット上で公開したり、そこまでいかなくても外部の人に渡したりする機会も多くあるかと思います。TwitterやFacebook、今の時代はメールじゃなくてLINEとか……。

今回は、パソコンやスマホで日本語を書く際の、正しい表記ルールについて、備忘録としてまとめます。

サーバ? サーバー? 外来語の表記ゆれ

サーバ/サーバーに限らず、コンピュータ/コンピューターなど、様々な外来語の語句で、どちらの表記を使えばいいか迷うことがあります。このような、同じ音で同じ意味の語句について異なる文字表記がなされることを、表記ゆれといいます。

外来語の表記ゆれに関しては、様々な意見があり、結論からいうと、どれが正しいといった決まりはありません。ただ、同一文書内や同じ会社内では同じ表記をして、統一性を持たせるというのがルールになっています。

なお、日本工業規格のJIS Z8301規格では、外来語の表記について、要約すると以下のようなルールを定めています。

  • 以下の仮名は、外来語を原音に近く書き表そうとする場合を除き、使用しない
    例: ヴァイオリン → バイオリン
イェ
ウィ ウェ ウォ
クァ クィ クェ クォ
ツィ
トゥ
グァ
ドゥ
ヴァ ヴィ ヴェ ヴォ
テュ
フュ
ヴュ
  • 英語の語末の -er, -or, -ar などは、ア列の長音とし、長音符号を用いて表すものに当たるとみなす。ただし、専門分野の用語の表記に合わせ、長音符号は用いても略しても誤りでないことにしている
  • 規格の用語および学術用語にない用語の語尾につける長音符号を省く場合は、原則として以下のルールに則る。
  1. その言葉が3音以上の場合には、語尾に長音符号をつけない。
    例: エレベータ(elevator)
  2. その言葉が2音以下の場合には、語尾に長音符号をつける。
    例: カー(car)、カバー(cover)
  3. 複合の語は、それぞれの成分語について、上記 a. または b. を適用する。
    例: モータカー(motor car)
  4. 上記 a. ~ b. による場合で、長音符号を書き表す音、はねる音、およびつまる音は、それぞれ1音と認め、拗音は1音と認めない。
    例: テーパ(taper)、ダンパ(damper)、ニッパ(nipper)、シャワー(shower)

つまり、「”ヴァ”みたいな仮名はなるべく使わないでね。長音に関しては、業界の標準に合わせてください。標準がない場合はお好きにどうぞ。ただし省く場合はルールを守ってね!」といった感じです。

業界の標準っていうのが曖昧で、例えば「インターネット」なんかは「インタネット」という人はいないのでわかりやすいですが、それ以外の大体の用語についてはどちらの表現もまかり通るものが多いです。

そんな感じなので、会社によって記述が違ったりするし、今でもサーバ/サーバーを文書に記述する度に議論が巻き起こったりしているのです。

なお、歴史的には、以前JIS規格では長音符号は原則省略するものとしていたそうです。ところが、平成3年に内閣より出された告示を受け、JISも長音符号を認める方向に転換したのだそう。そうして、そこから各企業が続々と長音符号をつけ始め、平成20年にはマイクロソフトも長音符号を復活させるようになり、今現在様々な表記がなされている、といった流れのようです。

車輌? 車両? 鉄芯? 鉄心? 常用漢字の使用

先ほどのJIS Z8301規格では、用語によって、常用漢字外を常用漢字に置き換えたり、簡単な語に言い換えたり、仮名書きを用いたりすることとしています。要約すると、以下のとおりです。なお、常用漢字はこちらで確認できます。

  • 用語の中の漢字が常用漢字表音訓欄にない場合には、意味が似た常用漢字で置き換えるか、仮名書きにする。
  • 用語の中の漢字が常用漢字表にあっても、その漢字が難しい字である場合には、音が同じで易しい漢字に置き換えるか、意味が同じで易しい言葉で言い換える。
  • 用語の中の漢字が常用漢字表にあっても、誤読のおそれがある場合には、その全部を仮名書きにする。

置き換えるべき代表的な例を、以下に挙げます。

車輌 車両
沈澱 沈殿
腐蝕 腐食
反撥 反発
醗酵 発酵
褪色 退色
間歇 間欠
熔接 溶接
煖房 暖房
註文 注文
醋酸 酢酸
抛物線 放物線
吃水 喫水
坐礁 座礁
梯形 台形
矩形 長方形
輻射 放射
嵌合 はめあい
尖頭値 ピーク値
ひずみ
煉瓦 れんが
坩堝 るつぼ
漏洩 漏えい
明瞭度 明りょう度
鳥瞰図 鳥かん図
汎用 はん用
脆弱性 ぜい弱性

なお、見出しにある「鉄心」に関しては、以前は”芯”が常用漢字ではなかったため、一度「鉄芯」から「鉄心」に漢字表記が変更されました。しかしその後、”芯”が常用漢字になったために、どちらも常用漢字であるにも関わらず、今現在も「鉄心」が正しい表記となっています。

等? など? 時? とき? 漢字と平仮名の使い分け

簡単な漢字であっても、状況によって漢字変換すべきかどうか、迷うことがあります。以下に、それぞれの使い分け方をまとめます。

使い分け方

など
厳密なルールはない。常用漢字表では「等」の読みは「トウ」しかなく、「など」とは読まないので、「など」と読ませたいときは平仮名で記載する。

とき
明確な”時間”や”時点”のときには、漢字の「時」を用いる。”場合”といった意味で使うときは、平仮名の「とき」を用いる。
漢字の例: あの時の出来事が忘れられない。
平仮名の例: わからないときは質問してね。

こと
具体的な”事柄”や”出来事”を指して使うときには、漢字の「事」もしくは平仮名の「こと」を用いる。それ以外の抽象的な対象を指して使うときには、平仮名の「こと」を用いる。
漢字の例: お菓子を食べてしまった事、内緒にしてね。
平仮名の例: 今まで見たことのない笑顔。いつも彼女のことを考えている。

もの
“物体”といった意味で用いる場合は、漢字の「物」を用いる。それ以外の抽象的な対象を示す場合は、平仮名の「もの」を用いる。
漢字の例: 物が落ちてくるぞ!
平仮名の例: 悲しいときには泣くものだ。ろくにものも言わない。

ところ
“場所”としての意味で用いる場合には、漢字の「所」を用いる。”部分”や”特徴”、”場面”といった意味で用いる場合には、平仮名の「ところ」を用いる。
漢字の例: 郵便局を曲がった所に交番があるよ。
平仮名の例: 彼のどんなところが好きですか。あくびをしたところを見られた。

わけ
“理由”といった意味で用いる場合は、漢字の「訳」を用いる。直前の文とのつながりを表している場合や義務・断定に用いる場合は、平仮名の「わけ」を用いる。
漢字の例: 言い訳が得意な男。あの人には深い訳がある。
平仮名の例: わけがわからない。負けるわけにはいかない。泣くわけない。

はず
漢字の「筈」は常用漢字外なので、使わない。しかしながら、もし漢字で「筈」と表記した場合には、矢の端の弓の弦につがえる切り込みのある部分である、”矢筈”という意味になってしまう。

よう
具体的な”様子”という意味で用いる場合には、漢字の「様」を用いる。それ以外の”〜ような”といった助動詞として用いる場合には、平仮名の「よう」を用いる。
漢字の例: 舞い散る花びらは雪の様です。
平仮名の例: 彼は大学で頑張っているようだ。後で困らないように、詳しく教えた。

ため
常用漢字表では「為」を「ため」とは読まないので、「ため」と読ませる場合には、すべて平仮名の「ため」を用いる。
お陰
おかげ
うまくいった原因を示す場合には、平仮名の「おかげ」を用いる。
通り
とおり
“道”といった意味や、一通り・二通りといった場合には、漢字の「通り」を用いる。それ以外の同じくらいの状態や程度を示す場合には、平仮名の「とおり」を用いる。
漢字の例: 三丁目の通りは並木道になっている。一通り目を通した。
平仮名の例: 以前申し上げたとおりです。予想どおりの結果となった。

くせ
無意識に出てしまうような、偏った好みや傾向を指す、いわゆる「癖」を指す場合には、漢字の「癖」を用いる。それ以外の主体を非難する意図で用いる場合には、平仮名の「くせ」を用いる。
漢字の例: 寝癖がついてるよ。食べる前に匂いを嗅ぐ癖がある。
平仮名の例: お金持ちのくせにケチだ。男のくせにすぐ泣く。

うち
厳密なルールはない。

ほう
厳密なルールはない。「方」は「ほう」の他に「かた」とも読めるため、「ほう」と読ませたいときには平仮名で記載するべき。

たび
厳密なルールはない。

とも
“一緒に”の意味で用いる場合には、漢字の「共」を用いる。”同時に”の意味で用いる場合には、平仮名の「とも」を用いる。また、単語の後ろにつく場合も、平仮名の「とも」を用いる。
漢字の例: 彼女と共に、ディズニーシーへ行った。
平仮名の例: 掃除とともに洗濯もした。友達2人とも、頭がいい。

ほか
厳密なルールはない。「その他」の読みは「そのた」となるため、「そのほか」と読ませたいときには平仮名で記載する。公用文では平仮名が用いられる。

ごと
常用漢字表では「毎」を「ごと」とは読まないので、平仮名の「ごと」を用いる。
付き
つき
“付属”といった意味で用いる場合には、漢字の「付き」を用いる。”〜につき”といった意味で用いる場合には、平仮名の「つき」を用いる。
漢字の例: 醤油付きの納豆。
平仮名の例: 大好評につき、セールを延長します。

うえ
“上部”や”上方”、”レベルが上”といった意味で用いる場合には、漢字の「上」を用いる。それ以外の場合には、平仮名の「うえ」を用いる。
漢字の例: 上から声がした。この上ない喜び。
平仮名の例: 使用するうえでの注意。迷惑をかけたうえ、逃げた。
且つ
かつ
厳密なルールはない。通例では平仮名。新聞記事では平仮名が用いられる。
但し
ただし
厳密なルールはない。通例では平仮名。新聞記事では平仮名が用いられる。公用文では漢字が用いられる。

なお
常用漢字表では「尚」を「なお」とは読まないので、平仮名の「なお」を用いる。
並びに
ならびに
厳密なルールはない。通例では平仮名。新聞記事では平仮名が用いられる。

また
厳密なルールはない。通例では平仮名。新聞記事では平仮名が用いられる。公用文では漢字が用いられる。
及び
および
厳密なルールはない。通例では平仮名。新聞記事では平仮名が用いられる。公用文では漢字が用いられる。
若しくは
もしくは
厳密なルールはない。通例では平仮名。新聞記事では平仮名が用いられる。公用文では漢字が用いられる。

ゆえ
厳密なルールはない。通例では平仮名。公用文でも平仮名が用いられる。
有る
ある
有無を特に強調して表現するときは、漢字の「有る」を用いる。通常は、平仮名の「ある」を用いる。
居る
いる
存在を特に強調して表現するときは、漢字の「居る」を用いる。通常は、平仮名の「いる」を用いる。公用文では平仮名が用いられる。
無い
ない
有無を特に強調して表現するときは、漢字の「無い」を用いる。通常は、平仮名の「ない」を用いる。
成る
なる
厳密なルールはない。通例では平仮名。公用文でも平仮名が用いられる。
良い
よい
厳密なルールはない。通例では平仮名。公用文でも平仮名が用いられる。
し易い
しやすい
厳密なルールはない。通例では平仮名。
し難い
しがたい
厳密なルールはない。通例では平仮名。
言う
いう
実際に口に出して”発言”している意味を持たせる場合には、漢字の「言う」を用いる。それ以外は、平仮名の「いう」を用いる。
漢字の例: こんにちはと言いました。
平仮名の例: これはガパオライスという食べ物です。
行く
いく
実際に足を動かして”向かう”という意味を持たせる場合には、漢字の「行く」を用いる。それ以外は、平仮名の「いく」を用いる。
漢字の例: 公園に行く。
平仮名の例: 段々沈んでいく。
上げる
あげる
実際に物を上方に移動させる意味で用いる時は、漢字の「上げる」を用いる。それ以外は、平仮名の「あげる」を用いる。
漢字の例: ノートを本棚の上に上げる。
平仮名の例: 図書を貸してあげる。
下さい
ください
“物”を要求する場合には、漢字の「下さい」を用いる。”行動”を要求する場合には、平仮名の「ください」を用いる。
漢字の例: その資料を下さい。
平仮名の例: その資料を取ってください。
頂く
いただく
“物”を貰う場合には、漢字の「頂く」を用いる。”行動”をしてもらう場合には、平仮名の「いただく」を用いる。
漢字の例: 資料を頂く。
平仮名の例: 資料を取っていただく。
貰う
もらう
“物”を貰う場合には、漢字の「貰う」を用いる。”行動”をしてもらう場合には、平仮名の「もらう」を用いる。
漢字の例: 資料を貰う。
平仮名の例: 資料を取ってもらう。
致す
いたす
“結果を引き起こす”という意味で用いる場合は、漢字の「致す」を用いる。”する”の謙譲語として用いる場合には、平仮名の「いたす」を用いる。
漢字の例: 不徳の致すところ。致し方ない。
平仮名の例: お願いいたします。指示通りにいたしました。
出来る
できる
厳密なルールはない。通例では平仮名。公用文でも平仮名が用いられる。ただし、名詞として「出来」と使用する場合は、漢字を用いる。
御座います
ございます
厳密なルールはないものの、一般には平仮名で表記する。漢字で表記すると違和感を覚える方が多い。
かも知れない
かもしれない
厳密なルールはない。通例では平仮名。公用文でも平仮名が用いられる。
に過ぎない
にすぎない
厳密なルールはない。通例では平仮名。公用文でも平仮名が用いられる。

「こと」や「もの」のように、抽象的な対象を指した名詞は、形式名詞と呼ばれるそうです。

形式名詞はすべて平仮名を用いることがルールとなっているので、「具体的なら漢字」「抽象的なら平仮名」と覚えるといいかも知れません。

また、「見る/してみる」「行く/していく」「下さい/してください」「頂く/していただく」のように、「動詞の場合は漢字」「補助動詞の場合は平仮名」というのも一つのルールになっています。

最後に、どの語にも共通して言えることは、迷ったら平仮名を使ってしまって構わない、ということです。漢字表記が誤りになることは多くても、平仮名表記で誤りになることは実は少ないのです。

売上? 売上げ? 売り上げ? 送り仮名の付け方

一般に定められたルールはないですが、参考として公用文では、以下を使うルールとなっています。

明渡し 預り金 言渡し 入替え 植付け 魚釣用具 受入れ 受皿 受持ち 受渡し
渦巻 打合せ 打合せ会 打切り 内払 移替え 埋立て 売上げ 売惜しみ 売出し
売場 売払い 売渡し 売行き 縁組 追越し 置場 贈物 帯留 折詰
買上げ 買入れ 買受け 買換え 買占め 買取り 買戻し 買物 書換え 格付
掛金 貸切り 貸金 貸越し 貸倒れ 貸出し 貸付け 借入れ 借受け 借換え
刈取り 缶切 期限付 切上げ 切替え 切下げ 切捨て 切土 切取り 切離し
靴下留 組合せ 組入れ 組替え 組立て くみ取便所 繰上げ 繰入れ 繰替え 繰越し
繰下げ 繰延べ 繰戻し 差押え 差止め 差引き 差戻し 砂糖漬 下請 締切り
条件付 仕分 据置き 据付け 捨場 座込み 栓抜 備置き 備付け 染物
田植 立会い 立入り 立替え 立札 月掛 付添い 月払 積卸し 積替え
積込み 積出し 積立て 積付け 釣合い 釣鐘 釣銭 釣針 手続 問合せ
届出 取上げ 取扱い 取卸し 取替え 取決め 取崩し 取消し 取壊し 取下げ
取締り 取調べ 取立て 取次ぎ 取付け 取戻し 投売り 抜取り 飲物 乗換え
乗組み 話合い 払込み 払下げ 払出し 払戻し 払渡し 払渡済み 貼付け 引上げ
引揚げ 引受け 引起し 引換え 引込み 引下げ 引締め 引継ぎ 引取り 引渡し
日雇 歩留り 船着場 不払 賦払 振出し 前払 巻付け 巻取り 見合せ
見積り 見習 未払 申合せ 申合せ事項 申入れ 申込み 申立て 申出 持家
持込み 持分 元請 戻入れ 催物 盛土 焼付け 雇入れ 雇主 譲受け
譲渡し 呼出し 読替え 割当て 割増し 割戻し        

ら抜き言葉

「食べることができる」は短く省略すると、「食べられる」というかたちに直すことができますが、「食べれる」というかたちに直した場合、それは”ら抜き言葉”といわれ、これまで間違いとされてきました。

間違いとされてきた理由は、「文法的に誤っている」というものが一般的ですが、文法というものは時代とともに変わりゆくものであり、ら抜き言葉も現代では一般的になってきたように思います。また、「ら抜き言葉」が歴史的に古くから使われている地方もあるそうです。

ら抜き言葉の登場によって、「〜られる」の意味である「受身」「自発」「尊敬」「可能」のうち、「〜れる」の場合だけ「可能」の意味に限定することができ、便利になったのは紛れもない事実です。

そういった観点から、私はら抜き言葉はもはや間違いではない、と思っています。大事なのはら抜き言葉を批判することではなく、すべて知ったうえで受け入れて使うことだと思っています。

ですから私は、批判を承知でら抜き言葉をこれからも使い続けます。

ですが、万人受けしたい人は、使わないことをお勧めします。

疑問符「?」、感嘆符「!」の後のスペース

こちらの記事を読むまで、気にしたことはなかったのですが、疑問符「?」や感嘆符「!」の後に全角スペースを入れることで、文章が読みやすくなります。

詳しくはこちらを読むことをお勧めしますが、きちんとしたルールもあるそうです。

メディアによって全角スペースを入れたり、半角スペースを入れたり、スペースを入れなかったり、まちまちですが、読みやすさを重視して入れることを私はお勧めします。

まとめ

ブログやTwitterといったWebメディアに関して言えば、厳密な正しい表記よりも、読みやすさが大事だったりするので、正しい表記を知っておくことは重要ですが、必ずしも従わなければならないというものでもないと思います。

また、言葉は生き物ですので、今は間違っているとされる文法も将来正しくなったり、環境によって一般と違う日本語表記の文化があったりします。

臨機応変に、その場にあった伝わりやすい文章を書けるようになりたいものですね。

コメントを残す

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツイートする
シェアする
オススメする
ブックマークする
購読する