home
スポンサーリンク
2015-10-27

iPhoneアプリのSafari(in-app)のキャッシュが削除されないときの対処法

恐らくバグです。

現象

当ブログで使用しているとある画像を差し替えて、iPhoneアプリの「Twitter」でリンクを踏んでブログの内容を確認したところ、古い画像のまま表示されていました。通常のSafariアプリでは新しい画像が表示されていましたが、「Twitter」アプリ内のSafari(in-app)では、古い画像がキャッシュされたままのようでした。

iOSはiOS 9.1、Twitterはバージョン6.39を利用しています。

そこで、以下の手順を試してみましたが、直りませんでした。

  • Safariのキャッシュ削除([設定]→[Safari]→[履歴とWebサイトデータを消去])
  • SafariのWebサイトデータ削除([設定]→[Safari]→[詳細]→[Webサイトデータ]→[全Webサイトデータを削除])
  • iPhoneの再起動(電源ボタン長押し→[スライドで電源オフ]→しばらくしてから電源ボタン長押し)
  • iPhoneの強制再起動(電源ボタンとホームボタンをAppleロゴが表示されるまで同時に長押し)

対処法

シンプルですが、該当アプリの再インストールで復旧しました。

「該当アプリを長押し→×ボタン押下」でアンインストール後、App Storeから新しくインストールしなおします。

アプリによっては初期設定などし直さなければならないですが、今のところこれしか対処法がなさそうです。そもそもアプリ内Safariのキャッシュを消したいなんて需要がなさそうですが……。

まとめ

SafariとSafari(in-app)では、別の場所にキャッシュファイルを保持しているようで、Safari(in-app)のキャッシュは通常の操作で意図的に削除することは、今のところできないようです。

コメントを残す

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツイートする
シェアする
オススメする
ブックマークする
購読する